トップページ 製品ラインアップ 研究開発・技術支援 生産・品質管理 環境への対応 概要
 

トップページ > 環境への対応

環境への対応

PVCは、日用品や産業資材、建材など塩ビ製品となって普及し、人々の生活や企業の活動に深く関わっています。しかしながら、焼却条件が不適切な焼却炉で燃やした場合、ダイオキシンが発生することから、ダイオキシン発生の主原因と誤解され、使用の制限、廃止の動きがありました。現在は、科学的な調査・実験によりPVCと塩ビ製品への誤解が解消され始めています。
また、PVCを生産する時に発生する、化学物質による環境への負荷低減や塩ビ製品のリサイクル推進の活動が重要となっています。

当社では以下の2つの活動を実施しています。

  1. 化学物質排出量削減
    塩ビ製品の原料である1,2-ジクロロエタン(EDC)、塩化ビニルモノマー(VCM)の排出量削減を目指し、経済的に利用可能な技術を駆使した取組みを継続して実施しています。
  2. 塩ビ製品のリサイクル
    塩ビ製品廃棄物のリサイクルを積極的に推進するため、当社再資源化推進グループと連携し、床材、壁紙など、さまざまな製品に応じたリサイクル技術を開発し、お客様に提供しています。また、塩ビ工業・環境協会(VEC)において、塩ビ製品を含む使用済みプラスチックを対象とした高炉の原料化、化学物質に戻す技術をJFEスチールと共同して開発し、2004年から事業化されています。

当社の高砂工業所、鹿島工場、大阪工場において、環境マネジメントシステムISO14001を取得しています。

 

ISO14001認証取得事業所

高砂工業所 JCQA-E-0105
鹿島工場 JCQA-E-0054
大阪工場 JCQA-E-0053I

ISO14001 認証書

ISO14001 認証書

関連リンク

このページのトップへ