トップページ 製品ラインアップ 研究開発・技術支援 生産・品質管理 環境への対応 概要
 

トップページ > 製品ラインアップ > 塩ビ-酢ビ系ポリマー

塩ビ-酢ビ系ポリマー

特長

塩ビ−酢ビ共重合体であるカネビニールMシリーズは溶融流動性に優れ、低温での加工に適しています。また高温での伸び特性にも優れており、真空成形など二次加工用としても最適です。二次加工用シートの他に床材、接着剤、インク、塗料などのベースレジンまたはストレートPVCへの添加剤としても使用できます。
従来のMシリーズに加え、高酢ビコポリマー(HMシリーズ)、インキ・塗料用ターポリマー(T555シリーズ)もラインナップしました。

 

詳細データ

用途

二次成型用シート(クレジットカード)
床材
接着剤、インク、塗料
アルミフィルムのヒートシール剤、メタルコーティング剤

塩ビ-酢ビ系ポリマーの優位性

当社のコポリマーは、高透明、低フィッシュアイが特徴となっており、PVCより溶融温度が低いため、成形加工性が向上します。
また、溶融時の伸びが向上する為、真空成形加工には最適です。
ターポリマーは、各種溶剤への溶解性に優れており、顧客毎のインク・塗料分野に適用可能です。

ラインアップ

■塩ビ-酢ビコポリマー

■塩ビ-酢ビ系ターポリマー

SDSダウンロード

グレード別特性一覧

塩ビ-酢ビコポリマーグレード

カネビニール® Mシリーズ
グレード名 K値 (平均重合度) 酢ビ含有量(%) 見掛け密度(g/ml) 特徴・主用途
M1008 60 (780) 5 0.56 2次加工用
MA1008 59 (720) 7 0.54 シート
MB1008 58 (680) 10 0.53 カード・接着剤・床材
カネビニール® HM(高酢ビ)シリーズ
グレード名 K値 (平均重合度) 酢ビ含有量(%) 見掛け密度(g/ml) 特徴・主用途
HM515 50 (450) 17 0.73 インキ・塗料

塩ビ-酢ビ系ターポリマー

カネビニール® T5シリーズ
グレード名 組成 K値 (平均重合度) 酢ビ含有量(%) 特徴・主用途
T555 塩ビ・酢ビ・その他a) 46 (370) 15 グラビアインキ・木工塗料・加工インキ
T5HX 塩ビ・酢ビ・その他a) 51 (480) 10 グラビアインキ・木工塗料・加工インキ
T5DA 塩ビ・酢ビ・その他b) 51 (480) 18 アルミフィルムのヒートシール・メタルコーティング

a) ヒドロキシアルキルアクリレート  b) カルボン酸

測定条件
  測定方法規定
K値 JIS K7367-2 ISO 1628-2
平均重合度 旧JIS K6721
見掛け密度(g/ml) JIS K7365 ISO 60

酢ビ含有量(%) 酢酸ビニルモノマーの共重合比率 FT-IR測定による

このページのトップへ